メーカー別レポート

2013.5.09 BMW・E24/M635CSi vol.8

至難のトランスミッションO/Hを無事に終え、そのASSYを載み戻す福田チーフ&三田村メカニックです。
ご覧の通り、この作業はスキルに加え二人のコンビネーションも重要ですので、工房内は何時になく冷静沈着でした。
おそらく近日中にテストランが実施されることになるでしょう、そのインプレッションが今から楽しみです。(鶴本・期待)

P1020567.JPG  P1020571.JPG  P1020568.JPG

2013.4.30 BMWアルピナ・B10/3.5 Vol.5

先ほど最終チェックを全てクリアーし、遂に完成したアルピナ・B10/3.5です。
大変長らくお待たせしました!今日からまた一味違った"アルピナ・ワールド"をご堪能ください。
きっと想像以上に仕上がっている事を、我々スタッフ一同は確信しております。
BMW535iAからアルピナマジックによってB10/3.5へと変貌し、そしてサムスオートにて更なる進化を遂げた『ババリアン・スポルトファーラー』、末長いご愛好をお願い申し上げます。(鶴本・懇願)

P1020516.JPG  P1020519.JPG  P1020518.JPG


2013.4.25 BMW・2002ターボ Vol.3


ヘッド廻りのオーバーホールで入庫中の2002turbo、少し時間が空いてしまいましたが作業は順調です。
ご覧の通り、三田村メカが慎重に組み上げてますのでご安心下さい。
ゴールデンウィークには存分に"駆け抜ける歓び"を楽しめることでしょう。(鶴本・報告)

2002.jpg  P1020495.JPG  P1020498.JPG

2013.4.17 BMW・E24/M635CSi vol.7

E24/M635CSi、そのサムスワークは着々と進行中です。
オーバーホールを終えたブレーキキャリパーも、ヘッドカバー同様"サムスブルー"にリペイントされました。
そして完成した3.954ccにアップされたM88型、ワーキングデスクにはしっかりと丁寧にバンテージされたタコ足もスタンバイOK!です。
因みにこのバンテージ、サムスオートでは好評の『サーモテック/USA』をレギュラーで使用してますのでご安心下さい。
今さら当然ですが、エンジンルームの温度を低下させるマストアイテムなので、是非とも装着をお薦め致します。(鶴本・推奨)

P1020487.JPG  P1020489.JPG  P1020488.JPG

2013.4.15 BMWアルピナ・B10/3.5 Vol.4

E24/M6と共に作業が進行中のアルピナ・B10/3.5、ブレーキ系統のオーバーホールが終え、後は福田チーフの手によってリボーンするM30型を待っています。
このビッグシックス/3.5Lへの設計・施工は過去に実証済みですから、その施術テンポは軽快かつ安心です。
そして完成の証は『サムスブルー』にリペイントされたヘッドカバーが全てを物語ります。
"シルキー・シックス"と称されるこの直6/SOHCのエンジンは、より繊細に、そしてよりワイルドに変貌を遂げることは決定的でしょう。(鶴本・確信)

P1020482.JPG  P1020481.JPG  P1020483.JPG




2013.4.08 BMW・E24/M635CSi vol.6

海外からスペシャルオーダーのクランクシャフトが到着し、E24/M635CSiの心臓部・M88型は遂に福田チーフによってオペが開始されました。
因みに「3.954cc/ストローク:94×95」で製作されるとの事ですから、その完成は想像を絶するに違いありません。
そして手際良くアルピナ・E34/B10と共に作業をしておりますので、両車のオーナー様、今しばらくお待ち下さいませ。(鶴本・待望)

P1020474.JPG  P1020476.JPG  P1020475.JPG

2013.4.06 BMWアルピナ・B7Turbo/1 Vol.5

完成検査を受ける「アルピナ・B7ターボ/1」です。
福田チーフのアイデアにより改良されたクーリングシステム、ご覧の様に長時間のアイドリングでも水温計の針は安定してます。
エアコン・コンプレッサーも画像の通り、メーカーにてリビルトしコンバート済みですので、これからの季節も安心して"アルピナ・ワールド"を堪能出来ることでしょう。
因みに排気ガス濃度が気になった師は、CO/HCの測定・調整も実施しておりました。(鶴本・一報)

P1020471.JPG  P1020473.JPG  P1020469.JPG

2013.4.03 ボルボ・122S/エステート Vol.15

そして「ボルボ・アマゾン」は内装リフォームに入りました。
まずは予めアメリカの専門店から入手してあった、リメイク品のカーペットマットを敷きましょう。
しかし122S専用と言えどもジャストフィットしない事は想定内です、やはり現車対応が必須作業でした。
そこは手慣れた三田村メカニック、前回のポルシェ・356で経験した要領で、臨機応変に手際良く取り纏めます。
室内を快適空間に維持するため、スタンダード仕様からデラックス仕様へ!防音シートの施工も忘れません。(鶴本・歓心)

P1020465.JPG  P1020467.JPG  P1020468.JPG

2013.3.25 ボルボ・122S/エステート Vol.14

福田チーフによって考案/製作された「ボルボ・アマゾン」のマフラーです。
サイレンサーは排気効率とそのサウンドが最優先課題ですから、ご覧の様にメイン&サブの"ツイン・セッティング"となりました。
そしてドライブシャフトを上手くかわした排気管の処理はもとより、2つのサイレンサーの選択と取付け技法は観ての通りです。
排気系は消耗品の部類ですから高価なブランドを選ぶ必要はありませんし、旧車で廃番の場合はこの様にワンオフ製作も可能です。(鶴本・告知)

P1020388.JPG  P1020386.JPG  P1020389.JPG

2013.3.23 ボルボ・122S/エステート Vol.13

ステアリング・シャフトの改善作業も終了し、軽快なハンドリングが待ち遠しい「ボルボ・アマゾン」です。
因みに、おそらくこのVOLVO・122S系モデルにパワステ装着した事例は皆無でしょう。
そして残すところの排気系に取り掛かる福田チーフ、ご覧のように入手不可能な部品はワンオフ製作します。
諸々の施術に入庫してから数ヵ月を要していますが、きっとオーナー氏にとって掛け替えのないクルマに変貌を遂げると思いますので、今暫くお待ち下さいませ。(鶴本・報告)

P1020381.JPG  P1020382.JPG  P1020383.JPG
pageTop