トヨタ ハイエースのリアスタビライザー制作と装着

このエントリーをはてなブックマークに追加

SAM's Worksメニュー


オーナーが入庫した理由

「仕事用のハイエース。もう少し、ちゃんと走るようにならないか......」
というオーナー様のご要望。サムスオートは、どう応えたのか?

サムスオートの所見

ハイエースの足まわり、特にリアサスペンションは、いわゆる「働くクルマ」のそれで、車軸式にリーフスプリングを組み合わせたものです。積載にはよく耐えますし、長期間の使用に耐える性能は追求されているけれど、"走る"ことに関しては突き詰めていません。メーカーはそこまで、コストをかけられないでしょうから。

ハイエースを運転して不安を感じるシーン......たとえば高速安定性や横風を受けたときのフラつき、レーンチェンジなどの不安感を抑えるために、リアサスペンション用のスタビライザーをワンオフで制作して取り付けました。アフターパーツメーカー各社から、ハイエース用のスタビライザーが販売されているので、僕らが想像するより需要が多いのかもしれません。
サムスオートはワンオフでお作りするので、アフターパーツメーカーにラインナップがない車種にも対応できます。ワンオフ制作といっても、スタビライザーの基本は金属の棒ですから、それほどコストはかからない。制作と装着、設定やアライメント調整を含めて、お客様のコストは10万円程度です。

この車両には行なっていませんが、リーフスプリングのチューニングも可能。空荷のときは少ない枚数のリーフスプリングでクルマを支え、積載時は目一杯使うように、ちょっとした加工を施すことで、例えば「一人で乗っているとき、クルマがボンボン跳ねる」現象を抑えることができます。

仕事で乗るクルマは、当然、オーナーさんは乗る機会が多い。より乗りやすいクルマに仕上げると楽しいですよ。


施工の内容

  • リアスタビライザーのワンオフ制作
  • スタビライザーの取り付け
  • 足まわりのチェック
  • アライメント調整
  • 試運転
  • ハイエースのリアスタビライザー制作と取り付け
  • ハイエースのリアスタビライザー制作と取り付け
pageTop